園芸生産技術学研究室

園芸生産技術学研究室へようこそ!

園芸生産技術学研究室は、宇都宮大学峰キャンパスから車で約20分、栃木県真岡市にある農学部附属農場で研究を行っています。東京ドーム約21個分に相当する附属農場の広大なフィールドを活用し、トマトやタマネギなどの野菜を中心に、品質や生産性を高めるための研究を行っています。圃場での栽培試験や調査だけでなく、栽培から見出された現象を解明するための遺伝子レベルでの研究も行うなど、様々なアプローチから園芸作物に関する研究を進めています。

研究室の学部生は、生物資源科学科から3年次後期に配属されます。大学院生は地域創生科学研究科 農業生産環境保全学プログラム(修士課程)あるいは東京農工大学大学院連合農学研究科(博士課程)に所属しています。研究室への配属や他大学からの進学に関しては、池田までメール(h.ikeda[アットマーク]cc.utsunomiya-u.ac.jp)でお気軽にご相談ください!

2020年度メンバー
Translate »