宇都宮大学農学部 生物資源科学科 園芸学研究室

山根 健治

OLYMPUS DIGITAL CAMERA山根 健治 教授 園芸学研究室 Kenji YAMANE, Professor
e-mail: yamane@cc.utsunomiya-u.ac.jp   (内線5417)

自己紹介:熊本県熊本市出身です.中学時代に理科の先生から,生物のおもしろさを教えて頂きました.恩師の崎山亮三先生に「君は花が好きそうだから花の研究をやっては」と指導して頂き,現在に至っています。栃木県に来て二十年を過ぎ,栃木が完全に第二の故郷となりました.現代のライフスタイルの中で花がもっと身近な必需品になることを願いつつ,研究に取り組んでいます.
専門分野:園芸学、花卉園芸学、人間植物関係学

 

 

花の品質保持:開花と老化

カーネ鉢物3被子植物にとって花は生殖に欠かせない器官であり、受粉後はその役目を終えます。しかし、人間としては花の美しさをいつでも、どこでも、長く楽しみたいものです。色々な切り花や洋ランやカーネーションの鉢花の老化抑制,品質保持について研究しています。高CO2環境による花の品質の保持効果について取り組んでいます。

Yamane, K., Y. Yamaki and N. Fujishige. 2004. Effects of exogenous ethylene and 1-MCP on ACC oxidase activity, ethylene production and vase life in Cattleya alliances. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 73 (2): 128-133.

Yamane, K., T. Kawauchi, Y. T. Yamaki and N. Fujishige. 2005. Effects of treatment with trehalose and sucrose on sugar contents, ion leakage and senescence of florets in cut gladiolus spikes. Acta Hort. 669:351-357. 

山根健治・猪爪亜希・和田義春・林 万喜子・清水 明. 2008.低照度下における鉢花カーネーションの生理ならびに品質に及ぼす5-アミノレブリン酸処理の影響. 園学研. 7(1): 115-121.

Yamane, K., A. Inotsume, Y. Nakajima, Y. Wada, Y. Yamaki, M. Hayashi, and A. Shimizu. 2010. Effects of light intensity, number of florets, and water stress on quality and soluble carbohydrate contents of potted carnation. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 79(3): 301-307. 

Burana, C., K. Yamane and Y. Yamaki. 2013. Effects of 1-methylcyclopropene (1-MCP) and modified atmosphere packaging (MAP) treatments during transportation on the quality of potted impatiens (Impatiens walleriana).Acta Hort.970:223-228.

Burana, C., T. Kurokura, Y. Yamaki, K. Yamane. 2014.  Modified atmosphere (MA) and 1-methylcyclopropene (1-MCP) combination treatment extends the postharvest life of carnations. Environmental Control in Biology 52(3)(in press)


ハナモモの早期開花と生物季節に関する研究

Ohiyomomo02 のコピー 2本研究室では40品種以上のハナモモを栽培し,早期開花技術の開発や低温要求量など生物季節についての研究を行っています。種子繁殖したモモを1年目で花芽分化させる「SEEDピーチ」の開発に取り組んでいます。特に、種子をいかに早く、正常に発芽させるかという点や幼若相をいかに早く終わらせて、花をつけさせるかという点について検討しています。

Pawasut, A., N. Fujishige, K. Yamane*, Y. Yamaki and H. Honjo. 2004. Relationships between chilling and heat requirement for flowering in ornamental peaches. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 73 (6): 519-523.

Tsukahara, K., K. Yamane, Y. Yamaki and H. Honjo. 2009. A nondestructive method for estimating the root mass of young peach trees after root pruning using electrical capacitance measurements. J. Agric. Meteorol. 65(2): 209-213.

塚原清子・山根健治*・八巻良和・藤重宣昭・本條 均. 2009. 断根およびウニコナゾール処理がモモ1年生実生の花芽分化に及ぼす影響. 園学研. 8(3): 341-346.

Pawasut, A., K. Yamane*, N. Fujishige, K. Yoneyama, Y. T. Yamaki and H. Honjo. 2010. Influence of seed coat removal and chilling on abscisic acid content and germination in ornamental peach (Prunus persica Batsch) seeds. J. Hort. Sci. Biotech. 85(3): 248-252.

特許 藤重宣昭・山根健治・吉田雅夫.2008.種子繁殖による早期開花方法及びその方法で生産した種子繁殖苗木.特許第4967123号.登録日 平成24年4月13日.出願者:国立大学法人宇都宮大学

特許 山根健治・藤重宣昭・八巻良和・本條 均・塚原清子.2010. 実生苗木の開花方法及び実生苗木.特許第5385208号.平成25年10月11日.出願者:国立大学法人宇都宮大学


園芸作物の福祉的利用についての研究

 UUU1 のコピー近年,栃木県ではユニバーサル農業を推進しています。園芸作物の消費者の下での心理的影響や福祉的な利用について調査しています.

山根健治・川島 桃・藤重宣昭.2002. 鉢苗の移植作業が脳波,筋電図,瞬き率,感情に及ぼす影響.人間・植物関係学会雑誌 2(1): 34-38.

朴 昭英・山根健治・藤重宣昭・八巻良和. 2008.ホームユースのシクラメン鉢物の生育が消費者の感情に及ぼす影響. 園学研. 7(2): 317-322.

Park, S.Y., J.S. Song, H. D. Kim, K. Yamane and K. C. Son. 2008. Effects of interior plantscapes on indoor environments and stress level of high school students. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 77:447-454.

Yamane, K. and M. Adachi. 2008. Roles of daily horticultural activities in physical and mental QOL for elderly adults. Acta Hort. 790: 165-171.

山根健治.2013. ユニバーサル農業〜先進的事例と政策展開〜.農業および園芸.88(1):62-69.

朴 昭英・山根健治・野村卓史・八巻良和. 2014. スプラウトの栽培が若年者の心理に及ぼす効果.人間・植物関係学会雑誌. 13(2):23-26.

その他

Yamane, K., K. Oyama, E. Iuchi, H. Ogawa, T. Suzuki and T. Natsuaki. 2008. RT-PCR detection of Odontoglossum ringspot virusCymbidium mosaic virus and tospoviruses and association of infections with leaf-yellowing symptoms in Phalaenopsis. J. Phytopathol. 156(5): 268-273.

Pipattanawong, R., K. Yamane*, N. Fujishige, S. W. Bang and Y. Yamaki. 2009. Effects of high temperature on pollen quality, ovule fertilization and development of embryo and achene in‘Tochiotome’strawberry. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 78(3): 300-306.

著書

山根健治.監修.2005.育てて楽しむペット植物.家の光協会.

山根健治.分担執筆・編集.2005.宇都宮大学環境ガイド編集委員会編.栃木から世界をのぞく.下野新聞出版.

山根健治.分担執筆.2006. 図説園芸学.荻原勲編.朝倉書店.

山根健治.分担執筆. 2006. 切り花の鮮度保持マニュアル.流通システム研究センター.

Yamane, K., 分担執筆・編集.2006. Horticulture in Japan 2006. p.11-14. Marketing system of horticultural crops. 松花堂書店.

山根健治.分担執筆.2007.野菜園芸学.金浜耕基編.文永堂.

山根健治.分担執筆.2013 観賞園芸学.金浜耕基編.文永堂.


○主な開講科目

生物学概論(1年前期:長尾教員と分担):植物の進化、多様性,光合成,絶滅危惧種,共進化などについて.

植物生産学概論(1年後期:和田教員と分担):園芸作物の分類、特性、原産地などについて.

園芸学 (2年後期:黒倉教員と分担):園芸作物の栽培や利用の基礎となる生理・生態.

園芸作物学 (3-4年前期:黒倉教員と分担):園芸植物の生理生態的特性や利用について.

分子生命科学II(2−4年後期:1回分担): 植物のシグナル伝達の仕組みについて,エチレン受容体などを例に解説.

人間生活と植物(基盤教育科目後期):果物や野菜、西洋と日本の庭園,さらに園芸福祉の観点から植物と生活との関わりを語る.

生物資源の科学(農学部コア科目後期,分担):植物の多様な利用形態について概説.

花卉学特論(大学院):主要な花卉の生理・生態,生産技術,経済性および多面的役割などについて.