宇都宮大学農学部 生物資源科学科 園芸学研究室

黒倉 健

OLYMPUS DIGITAL CAMERA講 師

黒倉 健
くろくら たけし

季節とはなにか? 植物が季節を感知する機構を解明する。

季節ごとに移り変わる光や温度の情報を、植物はどのように感じ、どのように変化するのでしょうか?
経済的に重要な科であるバラ科を例に、その仕組を解明することで、生産性の向上を目指しています。

 

 
バラ科成長相制御機構の分子的生理学的解明

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

野生型の例(左)と、その花成抑制遺伝子を発現低下させた例(右) 右の個体では、抑制が解除され季節に関係なく花成する。

花成促進遺伝子を導入した例。成長ステージ・季節に関係なく花成する。

バラ科では、長日条件に応じて花成するタイプと、短日条件に応じて花成するタイプがみられることがあります。
ここでは野生種イチゴを例に、その違いを制御している機構の解明を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栽培イチゴの祖先種の解析

伯耆大山に自生するノウゴウイチゴ、栽培種イチゴの起源の一つと考えられている。

PC061118

ノウゴウイチゴの、北海道系統(左)と、尾瀬系統(右)の比較

栽培種イチゴの起源と考えられている野生種イチゴの環境応答性を解明することは、育種上重要な意味を持っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考文献

  1. Kurokura, T., Mimida, N., Battey, N. H., and Hytonen, T. 2013. The regulation of seasonal flowering in the Rosaceae. Journal of Experimental Botany, 64: 4131-4141.
  2. Mouhu, K., Kurokura, T., Koskela, E. A., Albert, V. A., Elomaa, P., and Hytonen, T. 2013. The Fragaria vesca homolog of SUPPRESSOR OF OVEREXPRESSION OF CONSTANS1 represses flowering and promotes vegetative growth. Plant Cell, 25:3296-3310.
  3. Koskela, E. A.., Mouhu, K., Albani, M. C., Kurokura, T. et al.. 2012. Mutation in TERMINAL FLOWER1 reverses the photoperiodic requirement for flowering in the wild strawberry, Fragaria vesca. Plant Physiology, 159: 1043-1054.