Posts by Category : ブログ

カイコの実験単刊行

この度、NTS出版から「カイコの実験単」が刊行されました。この本はモデル生物であるカイコを使った様々な実験を紹介したものであり、生物の授業やクラブ活動、理科の自由研究などで利用できるものです。岩永も「昆虫の病原体の利用と昆虫工場」の項で執筆に加わりました。

キャッチコピーは、「入手カンタン!スグ実験」です。かなり幅広い分野にまたがっており、カイコを使うことで生物学を「まるごと」学ぶことが出来ます。

研究室追い出しコンパ

3月8日に研究室としての追い出しコンパを行いました。

今回のメニューはお米ひろばさとうのおにぎりと

赤飯とオードブルです。

今回は、卒業旅行で購入した清開、4年生のIさんが青森旅行で買ってきてくれたシードル、3年生のFくんが年明けにお土産でくれた白扇、4年生のIくんが持ってきてくれた七水、修士の2人がお土産でくれた瑞兆をみんなで頂きました。

恒例の、研究室から卒業生への記念品贈呈です。コーヒー好きなIさんにはカルディのコーヒーセット。

Iくんにはアフロと葉巻。これはきっと、去年の追いコンの仕返しでしょうね。

進学するTさんにはウイルスの本とある種のマンガ。勉強しましょうという意味でしょうか。

体調不良で来られなかったYさんにはビアマグとご飯の素が送られました(代理で3年生のFくんがモノマネしながら受け取りました)。

また、卒業生から研究室への記念品として、壁掛け時計と桑切包丁を頂きました。大切に使わせていただきますね。

また、会の途中、福島へ出張していたOBのAくんが顔を見せてくれました。Aくん、いつもありがとう。そして何故かFくんと相撲を、、、。

勝負あったようです。

ちなみに、こんな素敵なお土産を頂きました。

デザートには、卒業旅行で購入した酒粕入りのバームクーヘンと、ケーキ職人Fくんお手製のレアチーズケーキを頂きました。

とても楽しい会となりました。卒業生のみなさん、社会に出てからものびのびと自分らしく歩んで下さいね。

卒業旅行(2日目)

卒業旅行の2日目です。まずは、世界遺産の東照宮へ行きました。昨日(1日目)のアスレチックによる筋肉痛で苦しんでいる人が数名いましたが、この日も結構歩きました。

徳川家康のお墓まで階段を登ります。

記念写真を撮ってもらいました。

次に向かったのは渡邊佐平商店。日光誉などを造っている酒蔵です。熱心にお酒造りを学んだ後は、

試飲です。

運転手はこちらの漬物と味噌で我慢です。

更に向かったのは大谷資料館。

地下の採石場跡を見学しました。

今回の旅行は3年生が幹事となって計画してくれました。アスレチックなど、これまでにない企画もあってとても楽しかったです。どうもありがとうございました。

卒業旅行(1日目)

3月6,7日に日光方面へ研究室の卒業旅行へ出かけました。最初に向かったのは鬼怒川グリーンパークです。

幹事の長谷川くんが案内してくれたのは水上アスレチック。いきなりハードなターザンロープです。落ちたら濡れてしまうのでみんな必死に飛んでいました。

次は水上に張り出した丸太。

こちらは、落ちる心配はないですね。

ライバルの2人は高いところで押し相撲を・・・

いかだもありました。

ライバルの2人はここでも競争。

おなじみのやつも水上だと更に楽しいですね。

ライバルの2人はここでも手押し相撲。

こういうのが地味に怖いです。

揺れるタライを走ります。

こんなタライもありました。

こちらのロープはバランスが取りづらくて濡れてしまった学生さんも・・・。

結局、足元を含めると6人の学生さんが濡れてしまいました。水上アスレチック侮れませんね。

宿泊したのは鬼怒川温泉ホテル。立派なホテルでした。

卓球やバイキングなどを楽しみ、夜半まで賑やかに楽しみました。

2日目に続く

教え子の結婚式

2月に研究室の教え子の結婚式がありました。

新郎も新婦も当研究室の出身です。

最後は新郎も一緒にUSAを踊ってました。ご家族の末永い幸せを心から願ってます。

桑園の管理Ⅲ

2月27日に桑園管理を行いました。

今回は雑草が生えないように防草シートを敷く作業です。

肥料も撒きました。

1時間半ほどで終了です。今年は除草作業がかなり楽になるのではと期待しています。夏には周辺の子供たちも桑葉を摘みますが、今年はきっと摘みやすくなるのではないでしょうか。

学振DC採用のお祝い

学振のDC2に内定した藤本くんのお祝いを東口の温・温で開催しました。

ユニークな挨拶をする藤本君(ピンボケですみません)。

和やかな雰囲気でした。

最後に店の前で集合写真。

私も撮って貰いました。藤本君、学振DCの内定おめでとう。ますますの活躍を期待しています。

桑園の管理Ⅱ

2月15日に養蚕室の不要物の廃棄と裏手の桑園の春切りを行いました。

珍しい枝垂れの桑

裏手の桑の一部はどんどん成長し、電線に触れる勢いだったので伐採することに。

何人かで徐々に切りました。

切り口がハートに見えました。春に向けて桑園管理はもう少し続きます。

桑園の春切り

2月14日に桑園の春切りを行いました。

まずは桑の幹を春切りしました。

今回は、新たに購入したエンジンシュレッダーという機械を使って桑の幹をチップに加工して桑園に撒くことにしました。肥料にもなるし一石二鳥です。

しかし、桑の幹は思いの外、繊維が強く太い幹では機械に詰まってしまうトラブルが生じたので、新しく春切りした幹は暫く乾燥させることにし、昨年伐採した桑の幹を中心にチップに加工し、桑園に撒きました。

またこちらは笹と葛に攻め込まれていた場所。途方に暮れそうなところですが、、、

酒井くんと加藤さんが刈払機でなぎ倒してくれました。

おかげでこんなにすっきりと整備できました。

作業後には、4年生の福島くんが手作りのイチゴのチーズケーキを差し入れてくれました。バレンタインでしょうか?どうもありがとう。

ピペッティングコンテスト

昨年の分子生物学会のザルトリウスのブースでピペッティングコンテストがあったそうで、当研究室の藤本くんが見事、第3位となったそうです。

というわけで、賞状と記念のチップを数袋いただきました。色々と挑戦してみるものですね。200マイクロリットルを量り取って、0.05%程度の誤差だったそうです。おめでとうございました。