コンテンツへスキップ

夏秋 知英

natsuaki
夏秋 知英(なつあき ともひで)
農学部生物資源科学科 植物病理学研究室 教授 e-mail

テーマ

植物に病気を引き起こすウイルスの研究。特にウイルスの遺伝子解析とワクチンを利用した防除技術の確立。

内容

人間の病気と同じように、植物も病気にかかります。病気による農作物の減収はアメリカだけで1年間に1兆円以上で、ウイルス病による農作物の減収は日本だけで数百億円と試算されています。もし少しでも病害を減らせるならば、今後予想される爆発的人口増加による食糧問題の解決の一助となるでしょう。また最近では、無農薬や減農薬で病気を防除する方法の確立というエコ農法も求められています。そこで植物病理学研究室(略称:植病)では、安定した安全な食糧供給を目指して、農作物の病気の防除、特にウイルス病に関する研究を行っています。すなわち、各種病原ウイルスを遺伝子レベルで解析し、ワクチンの開発に取り組んでいます。

主な業績

  • Hirota, T., Natsuaki, T., Murai, T., Nishigawa, H., Niibori, K., Goto, K., Hartono, S., Suastika, G. and Okuda, S. (2010). Yellowing disease of tomato caused by Tomato chlorosis virus newly recognized in Japan. Journal of General Plant Pathology 76(2): 168-171.
  • Chikh Ali, M., Maoka, T., Natsuaki, K. T. and Natsuaki, T. (2010). The simultaneous differentiation of Potato virus Y strains including the newly described strain PVYNTN-NW by multiplex PCR assay. Journal of Virological Methods 165(1):15-20.
  • 夏秋知英(2009)弱毒ウイルスの防除機構.(「微生物と植物の相互作用―病害と生物防除―」百町・對馬編)pp 134-141.(ISBN978-4-88171-120-0)
  • Miyoshi, H., Okade, H., Muto, S., Suehiro, N., Nakashima, H., Tomoo, K. and Natsuaki, T. (2008). Turnip mosaic virus VPg interacts with Arabidopsis thaliana eIF(iso)4E and inhibits in vitro translation. Biochimie 90(10): 1427-1434.
  • Ohkawa, A., Ishikawa-Suehiro, N., Okuda, S. and Natsuaki, T. (2008). Construction of an infectious full-length cDNA clone of Chrysanthemum virus B. Journal of General Plant Pathology 74(6): 434-437.