園芸生産技術学研究室

大学院生の研究成果がThe Horticulture Journalに掲載

修士2年生の松本千紘さんが中心的に取り組んだ研究成果が、園芸分野の国際学術誌「The Horticulture Journal」に掲載されました。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/hortj/advpub/0/advpub_UTD-264/_article/-char/en

トマトの近縁野生種S. pennelliiの染色体の一部が、栽培種(S. lycopersicum)の第5染色体に導入された系統(IL5-4)について、果実が高糖度化すること、生理障害の尻腐れが発生しやすいことを明らかにするとともに、そのメカニズムの一端を明らかにしました。近縁野生種の遺伝子を利用した果実の高糖度化や、高糖度化に関わる新規遺伝子の単離、果実の尻腐れ発生抑制に向けた研究や新品種の開発などに向けた展開が期待できます。

本研究室では、研究に意欲的に取り組む学生・大学院生の成果発表(学会発表・論文投稿など)を精力的に進めています。園芸作物の研究に興味のある受験生や大学生の方、宇都宮大学農学部生物資源科学科(あるいは大学院 地域創生科学研究科)で一緒に研究しませんか?

Translate »