BmMLVの宿主域に関する論文

BmMLVが種々の哺乳類由来培養細胞では複製しないことを示した論文「Infection studies of nontarget mammalian cell lines with Bombyx mori macula-like virus」がJ. Virol. Methods誌に掲載されました。
JVM title
本論文は、日本全薬工業株式会社(ゼノアック)、東京大学、国立研究開発法人農業生物資源研究所との共同研究の成果になります。印南君、相澤君、おめでとうございます。

Comments are closed.