BmNPV La株ゲノム解析の論文

Virus Genes誌に藤本くんの論文が掲載されました。この論文では、ラオスで分離されたBmNPVのLa株について、RNAseqをもとに全ゲノムシーケンスを決定しました。更に、La株と標準株で感染継時的な比較トランスクリプトーム解析を行い、La株に特徴的な転写量の増減を示すウイルス遺伝子のクラスターや宿主リボソーム遺伝子転写量の減少を見出しました。

本研究は科研費や科学技術振興機構のA-stepの他、宇都宮大学のヤングスカラー研究制度、VBLプログラム研究Fの助成によって行われました。御礼申し上げます。

Comments are closed.