Rimaさんの博士論文発表会

6月23日にRimaさんの博士論文審査会が開催されました。こちらは博士論文発表会(公開)直前のRimaさん。だいぶ緊張している様子です。

発表では、流暢な英語と綺麗なスライド、そして素晴らしい実験データによって、種々の転写因子が決まったタイプのクチクラタンパク質を発現させ、その結果、表皮のクチクラ層が巧みに形成されていくことを分かりやすく説明しました。

Rimaさん、大変お疲れ様でした。

Comments are closed.