生物資源科学科では,生物資源の保全・持続的生産等に関する実践的な教育研究や,地域農業の発展に寄与する実用的技術の開発等を教育研究領域としています。

生物学および化学を基礎として,多様な生物資源の特質を分子から個体のレベルで究明し,動物・植物・昆虫・微生物の機能解明とその応用技術の開発,食料等の人間生活に必要な生物資源の持続的生産・管理および環境保全等に役立つ理論と実践力を身につける教育を行います。

講義だけでなくフィールド実習や実験を通して,分析能力および情報処理能力を持ち専門分野の知識や創造性を身につけた人材を養成します。

 

top

農学に関する幅広い知識と得意分野をもつ

ジェネラルスペシャリストを養成