受験生のみなさまへ、生物資源科学科のご案内

こんにちは!気付いたら1月も後半です。

共通テストを受験された受験生のみなさま、おつかれさまでした。

本日は受験生のみなさまへ、宇都宮大学農学部生物資源科学科のご案内を申し上げます!

 

生物資源科学科では、担任が2名、副担任2名の計4名で1年生の修学をサポートしています。R4年度の1年生担任は、園田先生、大西先生です(副担は入学してのお楽しみ)。

大学生活に不安があるかたも、安心して学べます♪

宇都宮大学農学部には、生物資源科学科、応用生命化学科、農業環境工学科、農業経済学科、森林科学科の計5学科があります。その中で、生物資源科学科は教員数も学生数も学部内最多!活気のある学科です。ベテラン先生から若手の先生まで、たくさんの先生がみなさんをサポートします。また、女性の先生が多いのも資源の特徴です😄

顔写真つき教員紹介はこちら(農学部HP)

 

また、農学に興味はあるけど、具体的にやりたいことはまだわからない・・・、そんなかたも安心!

生物資源科学科では1年次の必修科目で様々な分野を学びます。2年次では実験・実習があり、実際にやってみてからの研究室配属なので、ギリギリまで悩めます。研究室配属は3年次後期(配属希望を出すのは前期最終週ころ)です。配属まで丸々2年半。じっくりやりたいことを見つけられます🌿🐄🐛🌷🍅

 

農学部だから、卒業したらみんな農家?なんて、そんなことありません!(もちろん農業をしていただけるととても嬉しいです!)生物資源科学科で学んだことを活かして就ける職種は様々です。また、農業以外の職種に就く先輩方もいます。HPに進路情報を掲載していますので、ぜひ一度、ご覧ください。

R2年度卒業生進路はこちら

 

そして、宇大いいけど宇都宮って田舎じゃない?と思っているかた!

そうなんです、田舎なんです。東京に比べたら田舎です。でも、宇大の近くには、生活するのに不便しないだけのお店があります!都会へは、休みの日に出かけたらいいんです!!東京乗り換えなしでいけます。新幹線も止まります。

もし車があれば、無敵です。日光も那須も足利フラワーパークもどこでも行けます。海はないですが、附属農場の真横には一万人プールがあります。大洗もハワイアンズもカリビアンビーチも日帰り可能です。隣県へのアクセス良好!ちょうどいい宇都宮!

また、東京、埼玉方面から通いの学生さんもいます。例えば、大宮から宇都宮の通学定期(学割)は1ヶ月19,220円です。一人暮らしするより安いです。1限は8:40~なので、ちょっと朝は早いですが・・・田舎にいくのはちょっと😅。というかたは、通いも”あり”です!

 

というわけで、資源よいとこ案内でした。 

長々と読んでいただきありがとうございます。ぜひ、ご検討いただけたら幸いです😄

では!4月にお会いできることを楽しみにしております❗❗