top

宇都宮大学農学部生物資源科学科昆虫機能利用学研究室では、昆虫と昆虫に感染するウイルスの持つ遺伝子の機能を明らかにし、翅の形成の仕組みや、ウイルスが宿主を制御するメカニズムについて研究を行っています。研究の推進のために、遺伝子工学、生理学、細胞生物学、ウイルス学、ゲノム解析などの多彩な実験手法を用い、昆虫や昆虫ウイルスの新しい機能を見出すことや、その機能を利用した新たな有用物質生産系の構築を目指しています。

What’s New  最新情報
・2017年9月20日.東京農工大学で学位授与式が執り行われ、Rimaさんが博士(農学)の学位を取得した。
・2017年9月16日.作新高校サイエンスキャンプでDNAに関する講座を開講した。
・2017年9月16日.GENE誌へ投稿していたAsaithambiさんの論文「Involvement of the expression of matrix metalloproteinase genes and the basement membrane in the metamorphosis of Bombyx mori」がアクセプトされた.
・2017年9月11日.第11回宇都宮大学企業交流会に参加した。
・2017年8月28,29日.日光へ研究室合宿に出かけた。
・2017年7月22日. 科学体験教室「昆虫と昆虫ウイルスを見て、触って、科学する」を開催した。
・2017年7月12日. 研究室総出で桑園の草刈りと夏切りを行った。
・2017年7月10日. 農学部同窓会峰ケ丘会報第155号の巻末コーナー「こんなことやってます」に、研究室の研究が紹介された。
・2017年7月10日. Journal of Insect Biotechnology & Sericology誌に投稿していた藤本君や伊作君の論文「Characterization of a Bombyx mori nucleopolyhedrovirus variant isolated in Laos」がアクセプトされた。
・2017年7月6日. 博士1年の藤本君、修士2年の伊作君が地域共生研究開発センターのイノベーション創成部門ヤングイノベーションスカラーシップに申請し、書類審査、プレゼンテーションの結果、採択された。
・2017年6月23日. Rimaさんの博士論文「Expression profiles of cuticlar protein genes and their regulation system by transcriptional factors in Bombyx mori」の発表会が行われた。
2017年7月22日に宇都宮大学地域連携事業、とちぎ子ども未来創造大学講座、「科学体験教室〜昆虫と昆虫ウイルスを見て、触って、科学する」を開催いたします。
・2017年6月3日. 作新高校サイエンスキャンプでDNAに関する講座を開講した。
・2017年6月1日. 研究室OBの仁田雅弘氏が来校し、昆虫バキュロウイルスを利用した物質生産に関して講演して頂いた。
・2017年5月22日. 研究室総出で桑園の草刈りを行った。
・2017年4月1日. 日本学術振興会特別研究員(PD)として庄司佳祐氏が着任した。4月7日歓迎BBQ(花見)を行った。
・2017年3月28日. 研究室総出で桑園の春切りを行った。
・2017年3月24日. 卒業式、修了式が執り行われ、相澤君、藤本君、東海林君、加藤君、倉石君、八木沢さんの6名が卒業、修了した。
・2017年3月24日. 藤本君が優秀成績者表彰を受けた。
・2017年3月21,22日. 筑波産学連携支援センターで開催された日本蚕糸学会第87回大会に参加し、「カイコの変態期における2種の異なるマトリックスメタロプロテアーゼ遺伝子の発現と基底膜の消長について」「トランスクリプトーム解析によるBombyx mori macula-like virusの増殖メカニズムの解明」「ラオス由来新規カイコ核多角体病ウイルス株BmNPV Laの解析」「Developmental expression of cuticular protein genes during metamorphosis, their regulation of expression and the deduced cuticular layers of Bombyx mori」の4題の講演を行った。
・2017年3月16,17日. 烏山、那須へ研究室旅行に行った(1日目前半後半2日目)。
・2017年2月24日. とちぎテレビ「5じはんLIVE@home」で当研究室の相澤君が研究室の研究について紹介しました。
・2017年2月20日. ゲノミクス棟においてC-Bio Conference2017が開催され、当研究室からは藤本君が「カイコ核多角体病ウイルス ラオス株の解析」と題した口頭発表を行った。
・2017年2月7日、10日.大学会館において、応用生物学の修論発表会、生物資源科学科の卒論発表会が開催された。
・2017年1月27日.無血清培地に完全順化した培養細胞が特許査定を受けた。
・2017年1月24日.修士2年の藤本君が農学部栄誉賞を受賞した
・2017年1月20日.GENE誌へ投稿していたYanさんの論文「The angiotensin-converting enzyme (ACE) gene family of Bombyx mori」がアクセプトされた。
・2016年12月25日.第39回日本分子生物学会年会における藤本正太氏の講演「カイコ核多角体病ウイルス ラオス株の解析」が優秀ポスター賞を受賞した。
・2016年11月30日-12月2日.第39回日本分子生物学会年会が横浜で開催され、相澤昂洋氏、藤本正太氏、伊作唯志氏、Rima Shahin氏の4名がポスター発表を行った。
・2016年11月5日.大学会館において第2回蚕糸・昆虫機能利用学術講演会を開催し、相澤昂洋氏が優秀ポスター賞を、八木沢千尋氏が特別賞を受賞した。
・2016年10月14日.研究室の新たなメンバーとして3年の遠藤由梨、小川茂恵、佐藤元紀、酒井大吉の4名が加わり、歓迎会を行った。
・2016年9月15−17日.第12回昆虫病理研究会シンポジウムが開催され、当研究室からは藤本正太氏と岩永が発表を行った。
・2016年9月12日.第10回宇都宮大学企業交流会が開催され、当研究室からは藤本正太氏、伊作唯志氏、相澤昂洋氏がポスター発表を行った。
・2016年7月30日.ひらめきときめきサイエンス(2日目)を開催した。
・2016年7月23日.ひらめきときめきサイエンス(1日目)を開催した。
・2016年7月16日.宇都宮大学地域連携事業、とちぎ子ども未来創造大学講座で科学体験教室を開催した。
・2016年7月11日.研究室総出で桑園管理を行った。
・2016年7月8日. Comp. Biochem. Physiol. Part B誌へ投稿していた、カイコCHIPの機能解析の論文「Cloning and characterization of carboxyl terminus of heat shock cognate 70-interacting protein gene from the silkworm, Bombyx mori」がアクセプトされた。
・2016年6月30日. 修士2年の相澤君が地域共生研究開発センターのイノベーション創成部門ヤングイノベーションスカラーシップに申請し、書類審査、プレゼンテーションの結果、採択された。
・2016年7月23日、30日に日本学術振興会、「ひらめき★ときめきサイエンス〜昆虫と昆虫ウイルスで薬ができる?」を開催いたします。
・2016年7月16日に宇都宮大学地域連携事業、とちぎ子ども未来創造大学講座、「科学体験教室〜昆虫と昆虫ウイルスを見て、触って、科学する」を開催いたします。
・2016年5月21日、6月4日. 作新高校のサイエンスキャンプで、DNAの抽出実験を行った。
・2016年4月1日. 研究室総出で桑園の春切りを行った。
・2016年3月24日. 平成27年度の卒業式があり、国本和弥、伊作唯志、高宮達郎、松岡雄介の4名が卒業した。研究室で追い出しコンパを行った。
・2016年3月10-11日. 茨城県の牛久とつくばへ研究室の卒業旅行に出かけた(1日目、2日目)。
・2015年12月2日. Journal of Virological Methods誌へ投稿していた印南くん、相澤くんの論文「Infection studies of nontarget mammalian cell lines with Bombyx mori macula-like virus」がアクセプトされた。
・2015年11月25日. Insect Biochemistry and Molecular Biology誌へ投稿していた森山さん(現:つくば産総研)の論文「Ecdysteroid promotes cell cycle progression in the Bombyx wing disc through activation of c-Myc」がアクセプトされた。
・2015年11月6日. Insect molecular biology誌へ投稿していたRimaさんの論文「Cuticular protein and transcription factor genes expressed during prepupal-pupal transition and by ecdysone pulse treatment in wing discs of Bombyx mori」がアクセプトされた。
・2015年10月21日. In Vitro Cellular & Developmental Biology – Animal誌へ投稿していた、バキュロウイルス発現系に有効なBmMLVの不活化法の論文「Inactivation of Bombyx mori macula-like virus under physical conditions」がアクセプトされた。
・2015年9月26-27日. 北海道大学農学研究院で蚕糸・昆虫機能利用学術講演会が開催され、当研究室からは藤本正太氏、相澤昂洋氏が口頭発表を行った。
・2015年9月11日. 第9回宇都宮大学企業交流会が開催され、当研究室からは藤本正太氏、伊作唯志氏がポスター発表を行った。
・2015年8月1日. ひらめき☆ときめきサイエンス(2日目)を開催した。
・2015年7月25日. 作新高校の課題研究を行った。
・2015年7月25日. ひらめき☆ときめきサイエンス(1日目)を開催した。
・2015年7月21-24日. ひらめき☆ときめきサイエンス(1日目)の準備を行った。
・2015年7月21日. 研究室総出で桑園管理を行った。
・2015年6月20日、7月4日に作新高校サイエンスキャンプ「身近なものからDNAを抽出しよう」を行いました。
・2015年7月25日、8月1日にひらめき☆ときめきサイエンス「昆虫と昆虫ウイルスで薬ができる?」を開催します。
・2015年5月16日~10月17日まで作新高校SSHの課題研究で、5名の高校生と昆虫ウイルスに関する研究を行います
・2015年5月1日. 研究室総出で、蚕室掃除、桑園管理を行った。
・2015年4月3日. 応用昆虫学研究室と合同でお花見を行った。
・2015年3月26日. 研究室総出で桑の春切りを行った。
・2015年3月24日.大学の卒業、修了式があり、内山航大が修了し、齋藤菜緒、今瀬諒司、宍倉悠太、藤本正太の4名が卒業した。研究室で追い出しコンパを行った。
・2015年3月12-13日.福島県、茨城県へと研究室の卒業旅行に出かけた(1日目2日目)。
・2015年2月26日.東京農工大小金井キャンパスにおいて第一回蚕糸・昆虫機能利用関東地区学術講演会が開催され、研究室から3題のポスター発表を行った。
・2015年2月12日.大学院応用生物学講座の修士論文発表会が大学会館で行われた。
・2015年2月5日.応用生物学コースの卒業論文発表会が大学会館で行われた。
・2014年12月22日.研究室総出で大掃除をし、忘年会を行った。
・2014年11月27日.第37回日本分子生物学会に参加し、5題のポスター発表を行った。
・2014年11月14日 応用生物学コーススポーツ大会に参加し、昨年に引き続き総合優勝した。
・2014年9月24日. エジプトからの留学生であるRima Rabiera Shahinさんが来日した。3年間、当研究室で昆虫生理の研究を行う予定である。
・2014年9月8日. 第8回宇都宮大学企業交流会が開催され、当研究室からは藤本正太氏が「昆虫ウイルスを利用した有用物質生産系の改良」と題してポスター発表を行った。
・2014年9月8日. Journal of Invertebrate Pathology誌へ投稿していた論文「Expression of recombinant proteins by BEVS in a macula-like virus-free silkworm cell line」がアクセプトされた。
・2014年9月5日. 研究室総出で桑園の草刈りを行った。
・2014年8月6日. 研究室の新たなメンバーとして応用生物学コース3年の伊作唯志、高宮達郎、松岡雄介の3名が加わり、歓迎BBQを行った。
・2014年7月5日. 作新高校SSHサイエンスキャンプ(第2回)に協力し、「身近なものからDNAを抽出してみよう」と題した講義・実験を行った。
・2014年6月21日. 作新高校SSHサイエンスキャンプ(第1回)に協力し、「身近なものからDNAを抽出してみよう」と題した講義・実験を行った。
・2014年5月16日. In Vitro Cell. Dev. Biol. Animal誌へ投稿していた論文「Long-term adaptation of the Bombyx mori BmN4 cell line to grow in serum-free culture」がアクセプトされた。
・2014年5月2日. 特許出願中の「RNAウイルスBmMLV陰性カイコ培養細胞株」が特許査定を受けた。
・2014年4月28日. 研究室総出で蚕室の掃除・消毒、桑園の草刈りを行った。
・2014年4月4日. 花見の昼食会を行った。
・2014年3月31日. 研究室総出で桑園の春切りを行った。
・2014年3月24日. 大学の卒業、修了式があり、大沢健史、津久井啓多の2名が修了し、掛水陽佳、山口裕太の2名が卒業した。研究室で追い出しコンパを行った。
・2014年3月17-18日. 研究室の卒業旅行として伊香保温泉を訪れた。
・2014年3月10-11日. 平成26年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会が開催され、当研究室から「5齢期の翅原基の異なる細胞増殖期におけるMycの関わりについて」「BmMLVのサブゲノミックプロモーターの同定、及び遺伝子解析」「温度、UV、pHによるBmMLVの不活化法の研究」の3題の口頭発表が行われた。
・2014年2月17日. 講談社より「最新 昆虫病理学」発売された。
・2014年2月24日. ゲノミクス棟においてC-Bio Conference2014が開催され、当研究室からは大沢健史氏が「カイコCHIPの全長cDNAのクローニングと機能解析」と題した口頭発表を行った。